バイク ユーザー車検

バイクでユーザー車検を選ぶメリット

四輪だけでなくオートバイにおいても251cc以上の排気量をもつものは2年に1回の割合で車検を受けなければなりません。

車両検査、オートバイが保安基準に適合しているかどうかをチェックするためのものですが、これが意外とお金がかかる!

車検そのものにかかるお金はたった1700円、しかし実際に販売店などで車検を行うと高いもので10万円ぐらいにまで金額が昇ってしまいます。

その一部はお国のために支払う税金、自動車重量税とあっても意味がないような保険である自賠責保険があって、これらのものを支払わなければ車検を受ける事すらできないといった仕組みになっています。

ただ、これだけでも30000円もあれば十分足りるのですが、車検の見積もりなどをとると8万円にも10万円にもなってしまうのです。

この金額の差は何かというと、それは販売店や整備工場で行う車検整備費用なのです。

車検整備費用は車検を受けるために保安基準に合わせる形で行われる整備で、法定点検も含めて行われることになります。

この部分に車検費用の半分ぐらいに費用が掛かるわけですので、安く仕上げたいと思っている場合はこの部分をなくしてしまえばいいのです。それがユーザー車検です。

ユーザー車検は販売店や整備工場などが行う車検整備を自分で行うことによって、費用を節約するもので、手続きや車検場に持ち込むなど面倒な作業が付きまといますが、その分販売店などで行う車検の半分以下で車検を受けることができるのです。

ユーザー車検にかかる費用はどれくらい?

ユーザー車検というか、車検には次のような費用が掛かります。

まずは法定費用、これは支払いを完了しなければ新しい車検証が発行されないといったもので、車検を受けるには必ず払わなければならないものです。

1つは自動車重量税、これは本来であればオートバイの重量にあわせて課税金額が変わってくるものなのですが、オートバイの場合は自動車と違って車種によって大きく重量が変わることがないので、単純にエンジン排気量と年式で分けられています。

この自動車重量税は車検の無い126cc以上のものでも支払う義務があり、購入時に一律4,900円かかるのですが、車検を受ける必要がある250ccオーバーのものは、車検ごとに2年分をまとめて支払わなければなりません。

金額としては12年落ちまでのもので3,800円、17年落ちまでのもので4,400円、もっと古いもので5,000円となります。

次にかかるのが自賠責保険料、いわゆる強制保険というものです。こちらは2年分で一律13,640円かかることになります。

それから実際に車検を受けるための費用として、車検所などで支払う手数料が1,700円かかります。

ここまでで例えば最近のモデルであれば、自動車重量税3,800円と自賠責保険料13,640円、そして手数料としての印紙代1,700円で19,140円かかるということになります。

実はこの金額が本当の意味での車検費用というものとなりますが、販売店などで車検を行うとこれに車検整備費用や定期点検費用など掛かってきます。

その部分がかからないユーザー車検では、確かに定期点検費用などは掛かりませんが、車検に通すためにある程度自分で整備する必要があり、それに補修部品代など多少の費用が掛かりますし、車検を受ける前に車検場の近くにある予備車検場などで最終チェックを行うことになると思いますので、これにも費用が掛かってしまいます。

ただ、これらの費用は販売店などで行う整備費用よりもかなり安くなり、部品代などは10,000円もかからないですし、予備車検費用なども5,000円ぐらいで済みますので、ユーザー車検の方が圧倒的に安く上げることができるということになります。

 

サイトマップ