2014/03/24 11:29:24 |

医療機関の中で存在感を増している男性看護師ですが、ここでは彼らが抱える切実な悩みを紹介したいと思います。

 

男性看護師にとって共通する大きな悩みの一つは、女性のコミュニティになかなか入っていけないことです。職場環境によっては、女性の環境に慣れることを直接上司から命令されるパターンもあるようで、この点が男性としての人格を無視されているという感覚に陥るようです。

 

また、男性であることから細かな責任を押し付けられる傾向も所属する医療機関によってはあるようで、男性にとっての職場環境は医療機関によって天と地にも分かれることもあるのです。

 

その他、男性看護師が悩む最大の悩みは、男性看護師のコミュニティが所属する医療機関に存在しないことです。
多く女性看護師は職場内の女性特有のコミュニティによって、ストレスを軽減するのですが、男性の場合もともとそれ自体を器用に行えない上に、コミュニティが存在しないことで、ストレスを更に悪化させてしまうリスクがあるのです。

2014/03/14 10:44:14 |

男性看護師の方は、現場でいろいろな世代の患者さんと接しますが、患者さんたちの男性看護師への感想や評価等はどのようなものがあるのでしょうか?

 

看護師というと長い歴史の中で、日本は特に女性がその重責を担ってきました。その影響で看護師は女性がするものだという固定観念が生まれてしまいました。
そのような状況で、現世代の高齢者の方の中には、自分の入院する医療機関に男性が看護師としていることに、彼らの評価は別にして、大きな戸惑いを感じる方もいらっしゃるようです。

 

しかし、医療現場で毎年の統計にて、男性看護師の就労人口が増え続けているのは、現場での重責を十分担えているに他ならないのです。現に患者さんの中には、現代社会で増え続けている精神疾患患者等で非常に精神的に攪乱した状態の方もいらっしゃるので、女性看護師では対応が困難な状況も男性看護師であれば大きく役に立つことになります。
このような現実的な対応を続けている状況が、患者だけでなくその家族の方からも次第に評価を得てきている事実に繋がっています。

2014/03/07 14:11:07 |

男性看護師の医療現場での増加や活躍が非常に著しい昨今ですが、同僚である女性看護師だけでなく、医療現場における医師との関係は一体どうなっているのでしょうか?

 

男性看護師と医師との業務上の関係は、現在の段階では、むしろ女性看護師のケースと比べて若干難しいと言われております。男性の多い医師の場合、男性看護師と接した経験も無い場合も多く、女性看護師に対しては上から目線で指示が出きるけれど、男性看護師の場合それが行いにくいという理由で苦手にしている医師も多いということです。
これは外来病棟で勤務する医師に特に多く、医師自体の意識改革が早急に必要なようです。

 

しかし、男性看護師の体力や基礎能力が比較的発揮されやすい外科や精神科などの重労働を強いられる部署では、むしろ担当医師は男性看護師の方がコミュニケーションしやすいという特徴もあるようです。
体力を伴った機動性が求められる救急医療や手術現場では、男性看護師は大きな戦力となるからです。

2014/02/19 15:38:19 |

女性が多い看護師の中で、男性看護師はどのような存在として働いて行っているのでしょうか?
そして、女性看護師との職場での関係は如何なものなのでしょうか?

 

実は、男性看護師の存在は、女性看護師にとって賛否両論の意見を有する部分なのです。
反対意見を持つ女性看護師はやはり伝統的な方が多く、看護師という職業の優位性は女性にあることを信じて疑いません。
そして、女性の中で多くを語らず業務を回していける環境を長い歴史の中で築いてきたため、そこに異物として入ってきた男性看護師には、強い違和感を覚えてしまうのです。

 

逆に男性看護師の閉塞した医療現場への参入に賛成する看護師も決して少なくありません。
賛成する女性看護師は、そのような閉鎖的な職場環境にこそ問題があると感じている人たちです。
そのような環境に男性看護師という異質の存在が医療現場に多く入ることで、変わらざるを得ない環境を深く望んでいることになります。

 

男性看護師が増えることで看護師業界が活性化されることは、将来の医療現場の発展のために非常に意義のあることだと言えるでしょう。

2014/02/12 09:48:12 |

男性看護師は職場環境があまり良くないので、離職率が高いのかと感じる方もいらっしゃるでしょうが、実は意外に定着率が高いのです。
それが、毎年の看護師就労人口における男性の割合に増えてきていることに繋がっているのです。

 

なぜ男性看護師の離職率はそんなに高くないというと、妊娠や出産による職場からの一時後退が少ないことが大きな理由です。
また、女性の場合、職場の大部分が女性であるため、人間関係の維持に以上に苦労をされているのですが、男性看護師の場合は女性看護師との業務上の摩擦はあるにしても、女性看護師が抱きがちな人間関係のもつれなどは発生しにくい現状もあり、これも男性看護師の定着率を高めている要因の一つであるようです。

 

また、男性の場合、看護師の職性が持つプレッシャーに耐えやすいという一面もあります。
看護師には少なからず肉体労働や重労働があります。
その中で、女性看護師には耐えることが難しかった業務内容が、男性看護師には受け入れられやすいという面もあり、この点により男性看護師にとって業務参加する機会が増えたということが言えるのです。

2014/02/07 15:41:07 |

看護師求人土日祝休み.biz
看護師さんに人気の土日祝休みの医療機関に、たった1週間で転職するコツは!?

 

看護師求人転職祝い金.net
無料で転職活動をサポートしてもらい、さらに祝い金がもらえる転職支援サイトはコチラ。

 

看護師転職支援金比較.net
転職を成功させ、支援金もしっかり受け取る方法をご案内しています。

 

看護師求人寮.com
寮ありの求人情報が少ないのはなぜ?その理由は『非公開求人』にあります。

 

看護師求人土日休み.xyz
看護師の転職で人気が集中する“土日祝休み”の求人情報。

2014/02/05 15:23:05 |

毎年、徐々にその存在価値が社会認知されてきている男性看護師の存在ですが、まだまだその労働環境につては改善の余地がありそうです。
最近は男性看護師の増加によって、だいぶ改善されてきた仮眠室の問題、それでもすべての医療機関が男性用の仮眠室を整えているとは非常に言い難く、急速な改善が望まれるようです。

 

また、最近出てきたのが夫婦で看護師をしているというケースになります。
看護師のように非常に休日が不規則な職性を持つ職業は、育児休暇というものが非常に取りにくく、夫婦で看護師である場合、それは非常に困難を極めます。

 

この場合、男性にも育児休暇を認めることで、夫婦で休日の分散が可能になり、育児負担の分散が可能になるのです。
育児休暇の問題は、決して1病院の問題ではなく、医療機関全体で統一して制度を導入していくことが、看護師全体の定着率を向上させることにもなります。

 

その他、本当に改善が急がれるのは、看護師の大部分を占める女性の男性看護師に対する意識の変化だということも言われております。

2014/02/05 15:22:05 |

まだまだ看護師の世界というのは女性が9割以上を占める職場環境でありまして、その中で頑張る男性看護師には尊敬の念さえ覚えます。

 

そんな中でも男性看護師として利点というのもあります。
男性看護師は比較的大規模な病院で採用されることが多く、特に救急病棟、手術補助、精神医療、泌尿器科など非常に専門性の高い部署に配置されることも多いのです。

 

女性の絶対数が多い中で、このような専門知識の蓄積が様な環境に配置されやすいという子ことは、男性看護師は女性看護師よりもスキルアップがしやすいということもできるのです。
また、女性にしかできない看護師業務も現実的に存在する一方、男性看護師にしかできない業務も多岐に渡るようになり、それも男性看護師数が現場で増え続けている大きな理由の一つなのです。

 

その反面、女性が多い職場環境では、医療機関においては男性用の更衣室や仮眠室が存在しなかったり、患者さんや女性看護師とのコミュニケーションが難しい場合もあったりするなど、労働環境における苦労も絶えないようです。

2014/01/27 19:44:27 |

病院に行くと看護師はたくさん見ますが、意外と男性看護師を見ることがありません。
男性看護師がかなり増えてきていると言われている中で、一体どこで仕事をしているのでしょうか?

 

男性看護師は、小規模の医療機関ではお目にかかることはほとんどありません。
なぜなら、多くの小さな病院やクリニックは女性や幼児が良く病院科が多いからです。

 

産婦人科やレディースクリニックなどは女性のデリケートな部分を診察することもあります。
このような場所に男性看護師を配置することは若干難しく、小児科などですと幼児は女性に対しては安心感を得易いので、これも男性看護師がほとんどいない原因です。

 

実は多くの男性看護師は、総合病院をメインに所属しております。
総合病院には救急病棟、手術機能、精神医療科などの専門部門がありますが、彼らはこのような部門に配置されることが多いのです。

 

また、肉体的に疲労が多い業務や男性しかできない機動性が必要な業務が増えてきている医療現場では、多くの男性看護師が医療機関の屋台骨を支えているのです。

2014/01/24 08:20:24 |

男性が看護師を目指す理由として、どんなものがあると思いますか?
男性が目指す理由としては、非常に切実なものが多いようです。

 

そもそも志望動機というものは、各医療機関に対しての思いであるとか、その所属する看護師さんに非常にお世話になったからという個人的な要因で志望するケースも多いのですが、男性の場合、かなりの覚悟を持って入ってきている方も多いため、家族が大きな病気であったとか、幼少のころに自らも大病を患ったことがあるなど、身近な経験が志望動機として挙がることが多いようです。

 

また、男性の場合は脱サラして看護師になる場合もあるので、自分の経験を医療の現場のケアにこのようにして生かしたいという動機づけをされる方もいるようです。
ある看護師の方などは、もともと営業職だったのですが、父親の長期入院で父親と向かい合ううちに、営業のノウハウが長期で積極的なケアが必要な患者に大きく役立つのではないかという考えからだったようです。

 

いずれにしても、自分を男性看護師になるように掻き立てるきちんとした理由づけが無ければ、就職後に離職する可能性が高いと言えるのです。