男性看護師と女性看護師の職場での関係

女性が多い看護師の中で、男性看護師はどのような存在として働いて行っているのでしょうか?
そして、女性看護師との職場での関係は如何なものなのでしょうか?

 

実は、男性看護師の存在は、女性看護師にとって賛否両論の意見を有する部分なのです。
反対意見を持つ女性看護師はやはり伝統的な方が多く、看護師という職業の優位性は女性にあることを信じて疑いません。
そして、女性の中で多くを語らず業務を回していける環境を長い歴史の中で築いてきたため、そこに異物として入ってきた男性看護師には、強い違和感を覚えてしまうのです。

 

逆に男性看護師の閉塞した医療現場への参入に賛成する看護師も決して少なくありません。
賛成する女性看護師は、そのような閉鎖的な職場環境にこそ問題があると感じている人たちです。
そのような環境に男性看護師という異質の存在が医療現場に多く入ることで、変わらざるを得ない環境を深く望んでいることになります。

 

男性看護師が増えることで看護師業界が活性化されることは、将来の医療現場の発展のために非常に意義のあることだと言えるでしょう。