男性看護師と医師との業務関係の難しさ

男性看護師の医療現場での増加や活躍が非常に著しい昨今ですが、同僚である女性看護師だけでなく、医療現場における医師との関係は一体どうなっているのでしょうか?

 

男性看護師と医師との業務上の関係は、現在の段階では、むしろ女性看護師のケースと比べて若干難しいと言われております。男性の多い医師の場合、男性看護師と接した経験も無い場合も多く、女性看護師に対しては上から目線で指示が出きるけれど、男性看護師の場合それが行いにくいという理由で苦手にしている医師も多いということです。
これは外来病棟で勤務する医師に特に多く、医師自体の意識改革が早急に必要なようです。

 

しかし、男性看護師の体力や基礎能力が比較的発揮されやすい外科や精神科などの重労働を強いられる部署では、むしろ担当医師は男性看護師の方がコミュニケーションしやすいという特徴もあるようです。
体力を伴った機動性が求められる救急医療や手術現場では、男性看護師は大きな戦力となるからです。