バイクの車検について記事一覧

ユーザー車検は通常、販売店や整備工場などで行く事をすべて自分で行わなければなりませんので少々面倒なことが付きまといます。まずはオートバイ本体の準備です。要するに保安基準に適合した状態にしなければならないということです。ヘッドライトの光軸、車体寸法、排気音量、排気ガス濃度などいろいろなことをクリアした状態しておかなければなりません。そして、ここから実際の手続きに関わる準備を始める訳ですが、まずは書類...

通常、車検といえば販売店や整備工場、いわゆる車検専門店などのお願いすることになりますが、こういったところにお願いするメリットはとにかく手間なしであるということです。ユーザー車検では整備などもすべて自分で行わなければなりませんし、場合によっては専門知識や専用工具なども必要になります。実際にはこの整備がユーザー車検においての一番ネックとなる部分で、ここできちんとできなかった余りに1日に何回の車検のライ...

販売店や整備工場などで行う整備車検と自分ですべてを行うユーザー車検、目的は同じとしてもその過程の違いによって、いろいろな面に対しての違いが生まれます。一番大きいのはやはり費用面です。一度でもユーザー車検を行った方ならわかるかと思いますが、車検というものはかなり面倒な作業や手間のかかる作業を伴い、そして何よりも大切な時間をかなり消費します。整備車検ではこういったことをオーナーに代わって行うわけですか...

車検のために必要な点検整備というのは基本的に定期点検などの整備とは本質的に違います。一般的な整備というのは、日常的にそのオートバイの乗っているうえで何の心配もなく安心して乗るために行うものです。しかし、車検のために整備というのはあくまでも車検をクリアするために保安基準に適合させるだけのもので、極端な言い方をすれば、車検を受けるその日だけ、あるいは検査ラインを通り過ぎる間だけ、保安基準に適合した状態...

車検を受けるためにはいろいろな書類が必要になります。まずは自動車検査票、いわゆる車検証です。車検証は常に携行しなければならないものですので、オートバイの小物入れなどに入っていることでしょう。それから自賠責保険証書、これも車検証同様に携行義務がありますので、ありかはオートバイの小物入れです。それから納税証明書、納税証明書といっても所得税や住民税ではなく、軽自動車税の納税証明書です。たいそうな名前がつ...

オートバイの車検は、エンジン排気量が251ccだろうが400ccだろうが750ccだろうが、1000ccオーバーだろうが基本的な費用は全く同じです。自賠責保険料も同じですし、検査費用も全く同じ、唯一違いが出てくるのが自動車重量税で、生産年から13年未満までと13年から18年まで、そしてそれ以上といった形で年式で分けられているぐらいで、自動車のように車両重量で違いがあるというものではありません。です...

オートバイの場合は基本となる車検費用は400ccでも1,000ccでも全く同じです。ただ実際には大型モデルの方がそう車検費用が高くなる傾向があります。なぜなら車検に向けた整備にお金がかかるからです。車検は保安基準に適合しているかいないかをチェックするもので、それにあっていないものは公道で乗り続けることができません。しかし、オートバイを購入してマフラーを変えたり、ステップを変えたり、ハンドルを変えた...

251cc以上のオートバイは少なくとも2年に一度車検受けなければなりません。車検をクリアして初めて公道を走ることができます。しかし、車検には日常的にかかる費用よりはるかに高いお金が必要で、なかなかその費用が工面できないといったこともあるでしょう。そうなった時にそれをきっかけとしてオートバイを売却する人も結構いるようで、買取店などではそういったものがたくさん入ってきます。オートバイを売却するには販売...

トップへ戻る