ユーザー車検と整備車検の違い

整備車検とユーザー車検の違い

販売店や整備工場などで行う整備車検と自分ですべてを行うユーザー車検、目的は同じとしてもその過程の違いによって、いろいろな面に対しての違いが生まれます。

一番大きいのはやはり費用面です。一度でもユーザー車検を行った方ならわかるかと思いますが、車検というものはかなり面倒な作業や手間のかかる作業を伴い、そして何よりも大切な時間をかなり消費します。

整備車検ではこういったことをオーナーに代わって行うわけですから、それなりの報酬をもらわなければ割が合いません。それが車検整備費用といった形でかかってきてしまいますので、費用が掛かっても仕方がありません。

ユーザー車検でこれといって特別な整備が必要でなければ30000円もあれば余裕で車検を受けることができるのに対して整備車検では5万円以上、大型モデルや特殊なモデル、いろいろと弄り回しているものであれば10万円近くかかってしまうのもこういったことがあるからなのです。

それから時間的な違いもあります。ユーザー車検では自分で整備して自分で手続きして、自分で車検の検査ラインを移動しながら検査を受けるわけですから、長い場合では丸1日費やすことになりますし、もちろん陸運局で働く人たちはお役所仕事で土日祝日は皆さんお休みですので、車検場自体がやっていませんので、仕事や学校のある平日にわざわざ休みを取っていかなければなりません。

その整備車検では、店舗がやっていればいつでも受け入れOKですし、指定工場であれば整備や実際の検査はすべてその店舗でき、あとは週明けに書類だけ持っていけばいいといった感じですので、わざわざ自分が丸1日時間を割かなくても、オートバイを店舗の持っていく、終わった後に取りに行くといったわずかな時間だけ割けばいいのです。

これなら大事な有給休暇を消費しなくても済むわけです。要するに極端なことをいえば、時間とお金のどちらが大切かということです。

 

サイトマップ