車検の必要書類

車検を受けるためにはいろいろな書類が必要になります。まずは自動車検査票、いわゆる車検証です。

 

車検証は常に携行しなければならないものですので、オートバイの小物入れなどに入っていることでしょう。

 

それから自賠責保険証書、これも車検証同様に携行義務がありますので、ありかはオートバイの小物入れです。

 

それから納税証明書、納税証明書といっても所得税や住民税ではなく、軽自動車税の納税証明書です。

 

たいそうな名前がついていますが、早い話、5月ごろに送られてくる軽自動車税の支払用紙のきれっぱしです。

 

コンビニなどで支払うとそのきれっぱしに店舗の印鑑が押されますので、それが軽自動車税納税証明書です。

 

もしこれをなくしてしまった場合は、市区町村のお役所で再発行してもらう必要があります。

 

それから定期点検整備記録簿、要するに定期点検をしたときにチェックを入れる小冊子のようなものですが、これもオートバイを買った時にメーカーが付けてくれるものですのであえて調達するものではありません。

 

なくしてしまったとか、中古で買った時についていないという場合、特に決まったものがあるわけでなく、最低限の様式を持ったものであれば何でもいいので、インターネットでダウンロードしたり、販売店などにお願いするといいでしょう。

 

オーナーが事前に用意しておく書類はこれだけです。あとは陸運局で調達するものや手続きを経たうえで手にするものとなります。

 

継続検査申請書、継続検査申請書などは所定の書き方に則って記入すればいいでしょう。自動車重量税納付書は、車検を受ける前に自動車重量税を印紙を購入する形でしはった時にもらえるものです。

 

それから自賠責保険証書ですが、こちらも2年分の自賠責保険料を支払ったときにもらえるもので、今まで使ってきたものと新しく加入したものが必要となります。

 

書類はとりあえずこれだけとなりますが、例えば車検証の住所と現住所が違うとか、結婚して名字が変わったという時は別途住民票や戸籍謄本の写しなどが必要になります。

トップへ戻る