ユーザー車検の手続きと流れ

ユーザー車検の手続きと流れ

ユーザー車検は通常、販売店や整備工場などで行く事をすべて自分で行わなければなりませんので少々面倒なことが付きまといます。

まずはオートバイ本体の準備です。要するに保安基準に適合した状態にしなければならないということです。

ヘッドライトの光軸、車体寸法、排気音量、排気ガス濃度などいろいろなことをクリアした状態しておかなければなりません。

そして、ここから実際の手続きに関わる準備を始める訳ですが、まずは書類です。

車検を受けるためには、車検証、自賠責保険証書、軽自動車税納税証明書、定期点検記録簿が必要です。

どれも基本的にはオートバイの小物入れや家に保管してあるものですのでそれを取り出すだけとなります。

そして車検の予約を取ります。この予約は陸運局に電話するか、陸運局が管理するWebサイトで行います。

その予約の際に予約番号が発行され、それが実際に車検を受ける時に必要になりますので、忘れないようにしておきましょう。

予約が取れたらその日に陸運局に出向きます。もちろん車検を通すオートバイやバイクなども持っていくわけですが、もし車検が切れているといったことであれば、運搬車に乗せて運ばなければなりません。

陸運局に付いたらまずは窓口で手続き用の要旨を購入し、必要事項を記入、そして1700円の印紙を購入します。

次に自動車重量税の納税と新たに自賠責保険に加入します。自賠責保険はここで加入しなくても今まで使っていた損害保険会社でも事前に加入することができます。

これで書類面はすべて完了しましたので受付に提出して順番を待ちます。さて、ここからが本当の意味での車検です。係員の誘導に従って、車検ラインを進んでいきます。

初めての場合は、この係員に初めてであることを伝えると丁寧ではありませんが、分かりやすい説明をしてくれると思います。

晴れてこれらの検査をすべてクリアすると車検終了です。あとは新しい車検証と自賠責保険加入の証しであるシールをもらって完了です。

 

サイトマップ